ごはんタイムも猫と一緒に楽しめる

野生では力ない動物は逸早く敵の的となるため、疾病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な地に隠れて回復を待ちます。

この特色はネコももっており、加減が悪くなると縁の下や物置などに身を被い隠すのでしょう。

夕方や夜夜中になると部屋中を慌ただしいスピードで飛びまわったり家具の上に走り乗ったりするにゃんにゃんはすくなくありません。

緊迫状態や運動不足から起こる変な行動ではと案じる方もいると思いますが、これは多くのねこに見られるごく自然な行動です。

ねんねこにキャットフードをあげても食べずに、砂をかけるような動作をして引散らかしてしまう。

ゴハンが好きじゃないの?と気がかりになってしまいますが、これはねこの本能による行動で、この特質は排泄物に限らず、そっくりなニオイに対しても現れるのです。

愛犬が病気と知らされ立ときは、その状態の改善方法や進行を引き延ばしていくためにも、動物病院で販売されている特別療法食を与えつづけることが必要となります。

これは責務 ではありませんが、わんこに長く生きてほしいと思っているなら、特別療法食を与えることが現在の状態では正しい選択です。

匆匆たるときに限ってというのは人意見で、ネコにはそんなつもりは毛頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。

神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)ありません。

忙しそうに歩きまわる飼い主の足に猟する本能が刺激されて、つい付きまとったり、飛びかかったりしてしまっただけのことです。

野生のわんこは、一叢で生活し、協調して獲物を捕獲し、群内の社会的順位につき従って獲物を振り分けて食べていました。

獲物を毎日取っ捕まえられるとは限らないので、一度にたくさんの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

いぬは人につき、ニャンニャンはお家につくと告げられていますが、これはねこが自分の領分を他の何よりも大切にし、環境の変化を嫌なことを書き表した言葉です。

ニャンニャンのこの気質は、野生時代から育まれた原理です。

ワンワンのおもちゃの殆んどは、飼い主が留守の時に与えてしまうと危険なものです。

特に布製のおもちゃは、難無く破れてしまい、わんわんだけの環境の中で渡してしまうと、食べる気がなくても何となく遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。

ねこ同士にも相性があります。

野生のにゃんにゃんの場合は勢力圏が広範囲なので、気に食わない相手がいれば交わることをかい潜れられますが、限られた空間で暮らす室内飼いにゃんこの場合はそう上手くいきません。

一群で暮らすわんこにとって飼い主はリーダですが、本来単独で生活するニャンニャンにはそういう認識はありません。

猫にとってか飼い主とは、ひと言でいえば惜しみなく、各種のことをしてくれる遠慮のない同居人という感じでしょうか。

ヒトと同じで、わんこにも栄養のバランスは非常に大事で、ドッグフードの質においては価格だけで決定するワケではなく、高いから品柄が良い、低価格だから悪い、というワケではありません。

飼い主さんはそのフードのなかに、どんなものがどんなに入っているかを見ておかなくてはいけません。

ドッグ立ちには住むところを選んだり、好きな食べものを選んだり、試してみたいことを好きな時間にするなどの自由がいっさいありません。

飼い主さんに出来ることは、言葉の話せないわんこの身になって人生を果た指せてあげることが大切です。

にゃんにゃんは根本的に自分の感情で触られるのを好き好むので、うんざりなほどなでられるのを嫌がります。

また、触られるのが大好きなねこでも、いやと言うほどされるとコミュニケイションを取りたくなくなってしまうので、なで方のポイントを把握しておきましょう。

ねんねこは色々の面差しや物腰、ボディーランゲージを利用して、吾輩に話しかけています。

キャットとのコミュニケイションを楽しむために、にゃんにゃん語きちんと読みとりましょう。

体調が悪いワケでも、環境が変化したワケでもないのに大好物を予兆もなく食べなくなるケースも時おりやってきます。

ねこは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では年がら年中同じ獲物にありつけるとは限らないので、時として違う食べ物を欲することもあります。

マンチカン モグニャン