ペットとの日常をもっと楽しくするには

ニンゲンと同じように、ドッグにも栄養のバランスはほんとに大事なことで、ドッグフードの質は値段だけで選ばれるワケではなく、高いから品等が良い、低価格だから悪い、というワケではありません。

飼い主さんはそのドッグフードの中に、どんなものがどんだけ入っているかをおぼえておかなくてはいけません。
ねんねこ同士にも相性があります。

野生のにゃんこの場合はテリトリーがおっきいので、受け入れられない相手がいれば触ることを避けられますが、限られた空間で暮らしている室内飼いニャンニャンの場合はそんな上手くいきません。

野生では弱々しい動物はまっ先に敵のえじきとなるため、病み煩いやケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な場所に隠れて快復を待ちます。この固有性はにゃんにゃんももっており、塩梅が悪くなると縁の下や物置などに身をひそめるのでしょう。

ネコは広範囲にわたる形相や立ち振る舞い、ボディーランゲージを駆使して、わたしたちに呼びかけています。キャットとの接点を楽しむために、ニャンコ語をきちんとくみ取りましょう。

犬が病気と知らされたときは、その症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の改善や進行を遅らすためにも、動物病院で販売している特別療法食を与えることが必要になります。
これは義務ではありませんが、わんちゃんにより長生きしてほしいと考えるならば、特別療法食を与えることが現状態では正しい選択です。

固りで過ごすいぬにとって飼主はボスですが、本来単独で毎日を送るネコにはそのような認識はありません。ニャンニャンにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば、豊富なことをしてくれるお気軽な同居人という心情でしょうか。
野生のわんこは、一叢で生活し、共力して獲物を掴まえ、集団内の社会的順位に則して獲物を分かち合って食べていました。獲物を毎日引っ捕えられるとは限らないので、同時に沢山の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。わんわんのおもちゃの殆んどは、飼主がいないときに与えてしまうと非常に危険です。なかでも布製のおもちゃは、軽軽破損してしまい、いぬだけの環境のなかで与えてしまうと、食べる気がなくても何と無く遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。

ニャンニャンは本質的に自分の思いで触れられるのを欲するので、ダラダラとなでられるのを嫌がります。

また、触れられるのが好きなにゃんにゃんでも、くどくされるとコミュニケーションをはかりたくなくなってしまうので、なで方のポイントをわかっておきましょう。キャットにフードをあたえても食べずに、砂をかけるような仕草をしてばらまく。

食事が気に食わないの?と思い悩んでしまいますが、これは猫の本能による行動で、この特異性は排泄物だけでなく、瓜二つのニオイに対しても現れるのです。

夕方や夜深くなると部屋中を慌ただしいスピードで跳ね回ったり家具の上に跳び乗ったりする猫はすくなくありません。

ストレスや運動不足が原因の異常行動ではとハラハラする方もいると思いますが、これは多くのねこに見られるごく自然な行動パターンです。
多忙なときに限ってというのはニンゲン主張で、にゃんこにはそんなつもりはまるでありません。忙し沿うに歩き回る飼い主の足に狩り立てる本能が刺激されて、つい付きまとったり、飛びついたりしてしまっただけのことです。様態が悪いワケでも、外囲が変化したワケでもないのに大好物を予兆もなしに食べなくなるケースも時折見られます。
ニャンコは食べ物に拘りが強いものですが、自然界ではいつでも同じ獲物に出くわすとは限らないので、時おりちがう食べ物を欲しがることもあります。

いぬは人につき、ねこは家処につくと言われているのですが、これはにゃんこが自分の版図を他の何ものより大切にし、環境の変替を嫌いなことを述べた言葉です。
ネコのこの天質は、野生時代から伸びた原理です。
ワンコたちには家処を選んだり、好きな食べものを選んだり、したいことをいつでも好きな時間にするなどの自由が丸っきりありません。
飼い主さんに出来ることは、言葉がしゃべれないわんこの身になって一生を果たさせてあげることが大切です。

ブリティッシュショートヘアに安心・安全な餌とは?