いまどきペットの健康事情

野生では力のない動物は先に敵のターゲットとなるため、病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な場に隠れて快復を待ちます。

この特殊性はネコももっており、体調が悪くなると縁の下や物置などに身を隠すのでしょう。

状態が悪いわけでも、環境に変化があったわけでもないのに大好物を予兆もなしに食べなくなるケースも間々やってきます。

ニャンニャンは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では年中同じ獲物にありつけるとは限らないので、往々違う食べ物を欲しがることもあります。

にゃんこ同士にも相性があります。

野生のキャットの場合は領分が宏大なので、いけ好かない相手がいれば交わりを避けられますが、限られた空間で活きる室内飼いネコの場合はそうそううまい具合にはいきません。

ネコは種々の顔や振る舞い、ボディーランゲージを生かして、わたしたちに語懸けています。

にゃんことの連繋を楽しむために、キャット語きちんと分かってあげましょう。

ドッグたちには家宅を選んだり、好みの食べものを選んだり、トライしたいことを好きなときにするなどの自由がいっさいありません。

飼主に出来ることは、ことばの話せない犬の身になって人生を全うさせてあげることが大切です。

固りで毎日を過ごすいぬにとってペットオーナーはリーダですが、本来単独で過ごすキャットにはそのような認識はありません。

ニャンニャンにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば、様々なことをしてくれるお気軽な同居人という心情でしょうか。

多忙なときに限ってというのはにんげん所論で、ねんねこにはそんなつもりは全然ありません。

慌しくとびまわる飼主の足に狩猟本能が震撼させて、ついまといついたり、食らいついたりしてしまっただけのことです。

にんげんと同じで、ドッグにも栄養のバランスは本当に深刻で、ドッグフードの品質においては価格だけで決まるわけではなく、高価だから品質が良い、安いから危ない、というわけではありません。

飼い主さんはそのフードの中に、どんなものがどれほど入っているかを知っておかなくてはいけません。

イヌが病気にかかってしまったときは、その状態の改善や進行を引き延ばすためにも、動物病院で販売されている特別療法食をあげることが必要となります。

これはオブリゲーションではありませんが、ワンちゃんに健やかに長生きしてほしいと考えているなら、特別療法食を与えることが現在の段階では最良の選択です。

わんわんのおもちゃの多くは、飼い主がいないときにあげてしまうと危険性をともないます。

特に布製のおもちゃは、すんなり破損してしまい、犬だけの環境の中であげてしまうと、食べる気がなくても不意に飲み込んでしまうことがあります。

ニャンニャンにご飯をあげても食べずに、砂をかけるような動作をしてばらまく。

ご飯が気に食わないの?と気づかってしまいますが、これはキャットの本能による行動で、この特殊性は排泄物だけでなく、類似しているニオイに対しても現れるのです。

わんちゃんは人につき、ニャンコは家屋につくと言い渡されていますが、これはねんねこが自分の版図を他の何ものより大切にし、環境の変化を気に喰わないことを書き表した言葉です。

にゃんこのこの気質は、野生時代から育まれた原理です。

夕刻や夜中になると部屋中を凄まじいスピードで飛びまわったり家具の上に走り乗ったりするにゃんにゃんはすくなくありません。

ストレスや運動不足からおきる変な行動ではと不安を感じる方もいると思いますが、これは多くの猫に見られるごく自然な態度です。

ねんねこは本質的に自分の感じで触れられるのを願うので、ダラダラとなでられるのを嫌がります。

また、触れられるのが好きなにゃんこでも、執拗にされるとコミュニケーション図りたがらなくなってしまうのでなで方のポイントをチェックしておきましょう。

野生のわんこは、大勢で生活し、共力して獲物を取っ捕まえ、集団内の社会的順位に服して獲物を割り振って食べていました。

獲物を毎日生け捕れるとは限らないので、同時にとても沢山の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

メインクーンの子猫に安全な餌をお探しの方はこちら