ペットの環境づくり

固まりで暮らすわんこにとって飼主はリーダですが、本来単独で毎日を過ごすニャンコにはそういう認知はありません。ニャンコにとって飼主とは、ひと言でいえば、色々なことをしてくれるお気軽な同居人という気持ちでしょうか。いぬが病気にかかってしまったときは、その症状の改善や進行を後らせるためにも、動物病院で販売している特別療法食を与えることが必須となるでしょう。

これは責務 ではありませんが、わんこにより長く生きて欲しいと考えているなら、特別療法食を与えることが現段階では最良の選択です。にゃんこは本来自分の思いで触られるのをねがうので、しつこくなでられるのを嫌がります。

また、触られるのを好き好むキャットでも、いやと言うほどされるとコミュニケーション嫌いになってしまうことがあるので、なで方のポイントをわかっておきましょう。

ワンちゃんのおもちゃの大方は、飼い主さんがいないときにあげてしまうと危ないものです。

とりわけ布で出来ているおもちゃは、軽軽破壊してしまい、いぬだけの環境の中で渡してしまうと、食べる気がなくても気が付いたら飲み込んでしまうことがあるものです。野生では弱々しい動物はいち早く敵の標的となるため、疾病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な箇所に隠れて快癒を待ちます。

この特異性はにゃんにゃんももっており、健康状態が悪くなると縁の下や物置などに身を覆隠すのでしょう。

健康状態が悪いわけでも、環境に変化があったわけでもないのに大好物を前兆もなしに食べなくなるケースも往々あります。

ねこは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では毎々同じ獲物に出くわすとは限らないので、時としてちがう食べ物をねがうこともあります。

ドッグたちには家処を選んだり、好きな食べ物を選んだり、試してみたいことをいつでも好きな時間にするなどの自由が何もありません。飼主に出来ることといえば、言葉を発することが出来ないワンワンの身になって一生を全うさせてあげることが重要です。

にゃんこにフードをあげても食べずに、砂をかけるような仕種をして引っ散らかします。

ご飯が好きじゃないの?と悩んでしまいますが、これはニャンニャンの本能による行動で、この習性は排泄物だけでなく、よく似たニオイに対しても現れるのです。野生のわんちゃんは、固りで生活し、戮力して獲物を生け捕り、固り内の社会的順位にそって獲物を取り分けて食べていました。

獲物を毎日掴まえられるとは限らないので、いっきに数多くの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

ニャンニャン同士にも相性があります。野生のネコの場合は勢力範囲が宏大なので、いけ好かない相手がいれば触ることをすり抜けられますが、限られた空間で過ごす室内飼いニャンコの場合はそうはいきません。にんげんと同じように、犬にも栄養のバランスは実に大事なことで、ドッグフードのクオリティーは値段だけで決まるわけではなく、高価だから品質が良い、低価格だから悪い、というわけではありません。飼主さんはそのドッグフードの中に、どんなものがどの位入っているかをわかっておかなくてはいけません。

猫は色々な面差しや振る舞い、ボディーランゲージを以て、自分たちに語懸けています。

ニャンコとの連携を楽しむために、ネコ語をきちんと汲み取りましょう。

慌ただしいときに限ってというのはヒト考えで、ねこにはそんなつもりはまったくありません。

忙しくとびまわる飼主の足に狩猟本能がかき立てられて、つい絡みついたり、アタックしたりしてしまっただけのことです。わんわんは人につき、猫は住居につくと伝達されていますが、これはネコが自分のテリトリーを何よりも大事にし、環境のうつり変わりを快く思わないことを言い表した言葉です。ねんねこのこの性状は、野生時代から鍛えられた原理です。夕方や真夜中になると部屋中を慌ただしいスピードではしゃぎまわったり家具の上に騒ぎ乗ったりするねこはすくなくありません。ストレスや運動不足からおこる変な行動ではと不安を感じる方もいると思いますが、これは多くのニャンコに見られるごく自然な態度です。

ミニチュアダックスフントが健康でいられる餌はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。